岸和田ブランド発足

 岸和田市には、岸和田・春木漁港の水産物。包近の桃・水ナスなどの農産物。

 繊維や木材関連の製造業。様々な分野で技術水準も非常に高く評価されています。

 このような地域資源を生かした商品の発掘や開発、健康や集客交流などのサービスを新しく

 創りだすことにより、地域外での販路を開拓し「岸和田ブランド」の確立を目指しています。

概要

岸和田ブランド ロゴイメージ

 岸和田ブランド認定員会では、「岸和田ブランド」として認定する産品

 (岸和田市内で生産・製造・加工されたもの)を募集します。

 岸和田の資源と個性を生かした「岸和田らしさ」を備え、優れた産品として

 一定の基準に適合するものを、情報発信し販売促進することで、本市の知名

 度向上を図り、地域経済の活性化を目指します。


詳細

 申請内容(下記、3つの条件に満たすものになります。)


  1. 認定の対象となる産品の生産者であって、本店又は事業所が岸和田市内にある事業者及び団体であること。
  2. 品質管理・商品管理について、自主的もしくは第三者による管理の体制が確立されていること。
  3. 責任者、責任の所在が明確であり、消費者からの苦情や要望等に対する処理体制が確立されていること。

岸和田ブランド 認定要件

 下記の認定要件のうち、4項目以上を満たすものを、岸和田ブランドとして認定します。


  1. 岸和田らしさ
    岸和田で生まれたもの、あるいは岸和田にちなんだ伝統や歴史的・文化的背景をもつもの。
  2. 技術力
    伝統的な技術、高度な技術、先進的な技術をもつもの。
    あるいは容易に模倣することが困難なもの。
  3. 独自性・地域性
    岸和田産の原材料を概ね2分の1以上使用しているもの。
    あるいは生産・製造・加工について、概ね2分の1以上の工程が岸和田市内で行われているもの。
  4. 品質
    味・外観・機能等に優れ、高い品質をもっているもの。
  5. 供給力・将来性
    一定の量を安定的に市場へ提供できる体制が整っているもの。
    あるいは申請時には供給力をもたないものの、将来的には一定の量を安定的に市場へ供給できる体制を確立することが見込まれるもの。

 

第1回 岸和田ブランド 認定

応募から認定品の決定まで

 平成22年度の岸和田ブランド認定は以下の流れで行われています。

ブランド認定までの流れ